給料明細公開

2017年7月の給料明細公開。残業は効率の良い副業である

更新日:

前回エントリーからまた1ヵ月が経過し月1ペースが定着しかけています。

家計簿の公開も7月分、8月分と滞っていますが順に更新していくということで、まずは2017年7月分の給与明細から公開していきます。

スポンサーリンク

336

2017年7月の給料明細公開

支給額

項目 金額
基本給 238,500円
家族手当 11,000円
食事手当 4,000円
時間外手当 1,893円
通勤手当 6,000円
総支給額 261,393円

 

控除額

項目 金額
健康保険 12,072円
厚生年金 21,818円
雇用保険 784円
所得税 3,890円
住民税 4,400円
控除計 42,964円

 

差引支給額

差引支給額(手取り) 218,429円

 

7月は6月に比べ総支給額、手取り額ともに微増。

これは珍しく残業があったので(といっても1時間だけですが)その分給料が増えているということです。

 

ちなみに私みよしの時間外手当(残業代)の時給単価は1,893円で定時内の時給単価は1,514円。

これが安いか高いかは置いといて残業で稼ぐのがいかに効率が良いかといのがわかります。

どこかで書いたかもしれませんが、副業(会社からの基本給以外)の中でも安定して効率良く稼ぐことが出来るのは本業の残業でしょう。

 

残念ながら私みよしの勤めている会社では基本的に残業禁止の命令が出ているので、余程の事がない限りは残業できませんがそうでない方は残業を戦略的に行うというのもインカムを増やす効果的な手段だといえます。

 

言うまでもない事ですが、ダラダラと仕事をして残業に持って行くというのは戦略的な残業とは言えませんのでそこは誤解無きよう。

 

以上、2017年7月分の給料明細公開でした。

336

336

-給料明細公開
-, ,

Copyright© 貧乏家計簿ブログ , 2017 AllRights Reserved.