住宅ローン

住宅ローン控除の還付金が思っていたより少なかった

投稿日:

今回は私みよしがいかに無知かということがわかる恥ずかしいお話。

私みよしは2016年5月に住宅ローンを組み年末の時点で住宅ローン残高が2600万円以上ありました。

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)は年末時点での住宅ローン残高1%が控除されるということで約26万円程が返ってくるのかと思っていたら実際の還付金は72,000円と少なく一瞬焦りました。

スポンサーリンク

336

住宅ローン控除の還付金が少ない

2016年5月に住宅ローンを利用して分譲マンションを購入しました。

先日確定申告(還付申告)を行い初めて住宅ローン控除の申請をしましたが還付金は72,000円とのこと。

私みよしの年末時点での住宅ローン残高は2600万円以上あり26万円位は戻ってくるだろうと普通に思っていたので、72,000円という還付金の少なさに何かの間違いではないかと我が目を疑いました。

 

よくよく調べてみると住宅ローン控除はあくまで税金の控除なので納めた税金以上は返ってこないという訳なのですが

みよし
26万円結構あてにしてたのになぁ…

 

住宅ローン残高の1%が最大で控除される

住宅ローン控除は12月末時点でのローン残高の1%が最大で控除されます。

私みよしの場合はローン残高2600万円なので26万円が最大で控除されるということですが、これはあくまで納めた税金から返ってくるという訳なので控除金額以上に税金を納めていないと当然最大限の控除は受けれません

実際の還付金は72,000円でしたがこれは2016年度に私みよしが納めた所得税の全額ということです。

控除対象額26万円に対し所得税72,000円が還付されるということで18万円程が余ってしまい非常にもったいなく感じます。

 

所得税を引いて残った分は住民税からも控除される

所得税を全額引いても住宅ローン控除対象額がまだ残っているという場合は翌年度の住民税も控除の対象となります。

みよし
私の18万円は住民税から返ってくる(引かれる)のか?

 

みよしの場合は所得税を全額引いても18万円程が残っていますが、これが住民税から全額引かれるのかというとそうではなく住民税の控除には上限金額があります

住民税控除の上限金額以上に住宅ローン控除残額が残っていると住民税からも引ききれず結局控除額が余ってしまいます。

私みよしのように低所得の割に高額の住宅ローンを組んでしまうと住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けることが難しくなります。

 

まとめ

ということで住宅ローン控除の還付金についてまとめると

還付金は所得税分のみ

所得税から控除対象額を引ききれない場合は住民税から控除

住民税の控除は上限金額がある

 

以上、相変わらずの馬鹿っぷりを露呈してしまった訳ですが皆さんの中にもみよしのように住宅ローン控除額が無条件で全額返ってくると勘違いしている方は…さすがにいないですよね。

336

336

-住宅ローン

Copyright© 貧乏家計簿ブログ , 2017 AllRights Reserved.