食費

4人家族(幼児2人)の食費月4万円は平均的らしい

更新日:

みよし家は大人2人幼児2人の4人家族。

月の食費予算は外食費含め4万円で毎月だいたい予算内(4万円以内)に収まっています。

4人家族で食費月4万円は結構頑張っている方かなと思いきや、地域差や収入差にもよりますが4人家族の食費4万円は平均的な金額のようです。

スポンサーリンク

336

大人2人幼児2人の4人家族の食費平均は月4万円程

みよし家では食費の管理は妻に一任しています。

食費に関しては結婚した当初に

 

みよし
あまり節約は気にせず好きに使っていいよ

 

と言っていたのですが私の収入の少なさもあってかある程度は節約(スーパーのハシゴ等)をして頑張ってくれているようです。

 

毎月の食費は外食費含めてだいたい4万円前後

この食費でも特にひもじい思いもすることなくしっかり食べられているので、4人家族にしては結構頑張っている方なのかなと思っていたのですがどうやら私くらいの収入なら月4万円は平均的な金額らしいです。

 

皆さん結構食費の節約を頑張っている感じですね。

 

食費を1割減らしたとしても月数千円にしかならない

食費の節約はやろうと思えばその日から出来るので取っ掛かりやすい節約ではあります。

しかし頑張って食費の節約を行っても削減できる金額はたかがしれています

仮に食費を1割減らしたとしても月数千円程度。

しかも食費を数千円節約したことによって生活の満足度は激減してしまいます。

 

食費の節約は費用対効果が薄く効率悪い

私個人の考えとしては食費の節約は費用対効果が薄いと感じているので無理をしてまでする必要はないと考えます。

例えば10円~20円程度安い卵を買うために近くのスーパーではなく遠くのスーパーまで足を運ぶということもあるかと思います。

しかし、わずか数十円を節約する為にかける時間と労力を考えると近くのスーパーでほんの少し高い卵を買った方が効率が良いという考え方も出来ます。

 

数十円を浮かせるために仮に片道30分かけてスーパーまで買い物に行くとすると往復で1時間となり、時給換算すると時給10円~20円ということになります。

だったらその時間を単純にアルバイトなり仕事をして収入を得た方がよっぽど効率が良いということです。

買い物に行く時間を時給として考えるのは極論かもしれませんが、費用対効果が薄いというのは間違いありません。

 

食費は体への投資でもある

そもそも食費は健康を維持する為の投資という考え方も出来るのであまり無理して節約を考える項目ではないのではないでしょうか。

ということで今回改めて食費を管理してくれている妻には無理に節約を意識しなくていいよということを伝えました。

以上、4人家族(大人2人幼児2人)の食費月4万円は平均的らしいでした。

336

336

-食費
-

Copyright© 貧乏家計簿ブログ , 2017 AllRights Reserved.